• カテゴリー別アーカイブ cp
  • 「でも だめだった(>_<)」…紀香ブログ全文紹介

    未来へ。。。

    【2009.03.24】

     皆様、お騒がせして本当にごめんなさい。私たちのことで連日いろんな報道があったこと、そして、両親も私を思うあまりに気持ちが先走ってしまい、押しかけた報道陣のみなさんに驚き話してしまったことなどを聞きました。

    各方面にご迷惑をおかけしてしまったことを本当に心からお詫びいたします。夫婦ですからいろいろあります。私たち夫婦にしかわからないこともたくさんあります。がんばれるところまでやってみました。やはり夫婦だから。

     時が経ってもいろんなことが起こり、それでもやはり、夫婦だから、最後まで放棄せず、やれるところまでやってみよう、笑顔で。。。

    そのたびに、いつも頭にあったのは応援してくれている周りの人たちのこと。

     あれだけの披露宴をしていただき、日本じゅうに祝福を受けたことは日々感謝していましたし、日々考えていました。ずっと添い遂げたかった。お墓に入るまで。と神様の前で誓ったんだもん。

    でも だめだった(>_<) 

     最後は心も体も数々のことに壊れてしまった自分がいました。彼と出会って結婚したことは後悔していませんし本当に感謝しています。より高い次のステージにお互いが向上できるような「人生のドリル」を経験したと思っています。その点数が高かったのか、低かったのか、失敗だったか、成功だったかはわかりません。

     いたらないところもあり、まだまだ未熟な私ですが、この人生のドリルを今後の経験に生かしていきたいと思っています。

    私が以前、主演をした内館牧子さんのドラマで

    「受験も就職も、失敗してやり直すと褒められるのに、どうして結婚だけは失敗すると許されないんだろう」という内容の台詞がありました。離婚は本当に心身ともにエネルギーがいります。でも、離婚して、「自分らしさ」を取り戻すことができるなら、未来へ一歩進んでみようと思いました。最終的に私が取った選択は、私が私らしくいられるため、大好きな仕事を、健康に支障をきたすことなく頑張ってゆけるため、これからの未来を後悔せず、本当の笑顔で生きられるため、でした。

    私の親友が言ってくれた言葉。

     「帰国したら人生のリスタート。その初めの一歩は、誇り高く美しく自分の足で切り開くんだよ。

     自分の痛みや弱さを知って、人は最強になるんだから。。。来世が男なら、私がのりをお嫁さんにしてあげるから!(笑)」

     この人の言葉は本当に元気になる。親愛なる友。いっぱい助けてもらったね。

     嵐が来たら立ち止まる。そして また未来に向かって歩いていく人は生きているから。

    ケニアにいて感じます。生きていることに感謝しなきゃって。ひたむきに正直に生きていれば、神様はきっと見ていてくれるはず^^。

     これから違う人生を歩んでいく二人ですが、どうか、そっと、見守ってください。彼の幸せを心から願っています。私もスパッと前に向いて歩いていきます!

    藤原紀香

    P.S.

    サムライJAPANおめでとう。(^^)v

    ZAKZAK 2009/03/25


  • 公取委セブン-イレブン調査…見切り販売制限の疑い

     フランチャイズ(FC)の加盟店が、消費期限の迫った弁当やおにぎりなどを値引きして売り切る「見切り販売」を制限したとして、公正取引委員会が独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで、コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)に対する調査を始めたことが20日、分かった。

     売れ残り品は廃棄されると、加盟店が仕入れ原価を負担するため、不利益との指摘が出ていた。

     公取委が大手コンビニ本部を本格的に調査するのは初めて。今後の公取委の判断次第では、値引き販売の拡大など、定価販売が主流になっているコンビニの販売形態に影響を与えそうだ。

     関係者によると、セブン―イレブン・ジャパンは、FC契約を結んでセブン―イレブンの店名でコンビニを経営する全国の加盟店に対し、売れ残った弁当やサンドイッチなどの廃棄を避け見切り販売するのを、契約解除などをちらつかせて、不当に制限した疑いが持たれている。

     同社は、加盟店側が店舗に必要な土地や建物を用意して営業する場合、売上高から経費を引いた総利益の43%を、指導料などに当たるロイヤルティー(同社の場合チャージ)として本部に支払う仕組みを取っている。

     FC契約では、廃棄した商品の仕入れ原価は加盟店が負担。一方で売上高からは、廃棄ロスとなる原価を差し引けないため、加盟店が支払うチャージがその分高くなり、店の収益を圧迫することになる。

     セブン―イレブン・ジャパンは1974年に1号店を出店、国内店舗数は今年1月末時点で36都道府県に約1万2000店。07年度のチェーン全店の売上高は約2兆5700億円に上る。

    ZAKZAK 2009/02/20


  • コンビニ、百貨店抜く…08年、売上高6.7%増

     日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した2008年の主要コンビニエンスストア売上高(全店ベース)は前年比6.7%増の7兆8566億円となり、08年の全国百貨店売上高(7兆3813億円)を初めて上回った。  流通業界では近年、コンビニのほかに、低価格の独自商品を武器とするユニクロや、ヤマダ電機など家電量販店が台頭。一方で高額品中心の百貨店や、個性の乏しい総合スーパーなどはじり貧状態で、流通業界の明暗が鮮明になっている。  08年のコンビニ業界は、たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」の導入で、カードが不要なコンビニに顧客が流入。比較的少なかった中高年の顧客が増え、弁当など食品も伸びて売上高を押し上げた。新店を除く既存店ベースでも4.5%増と9年ぶりに上昇、集計を始めた1998年以降で最大のプラス幅となった。 ZAKZAK 2009/01/21


  • セブン「最高益」イオン「通期赤字危機」明暗くっきり

     2大小売企業の業績が明暗を分けた。セブン&アイ・ホールディングスが9日までに発表した2008年3-11月期連結決算は、営業利益が2182億円と過去最高を記録。一方、イオンの同期の決算は大幅な営業減益で、通期でも最終赤字になる危機にさらされている。グループのコンビニエンスストア事業の貢献度が影響した格好だ。

    【たばこ特需】

     セブン&アイの売上高は前年同期比1.6%増の4兆3253億円。営業利益は4.4%増の2182億円だった。営業利益の約80%はコンビニのセブン-イレブン・ジャパンによるもの。たばこ自動販売機に成人識別カード「タスポ」が導入された結果、わずらわしさからコンビニでたばこを購入する人が増えたことなどが貢献した。

     セブン銀行などの金融事業も営業利益が35.5%増の211億円となるなど好調だった。

     逆にイトーヨーカ堂など総合スーパー事業は衣料品などがふるわなかったため、営業利益が10.0%減となった。セブン&アイは不振のスーパー事業を好調なコンビニや金融事業でカバーしており、09年2月期の連結最終利益は1370億円を見込んでいる。

     一方、イオンの連結売上高は2.7%増の3兆8777億円とセブン&アイの伸び率を上回ったものの、連結営業利益は18.3%減の659億円と低迷。09年2月期の連結最終損益は7期ぶりに赤字に転落する可能性もある。

     景気後退でリストラの嵐が吹き荒れるなか、消費者は節約志向を強めており、総合スーパーや百貨店などを取り巻く環境は厳しい。一方、コンビニ事業は利便性の高さから、消費者の支持を集めている。

     イオンはM&A(企業の合併・買収)を通じて規模拡大を続ける一方、コンビニ事業については拡大が遅れがち。コンビニ子会社としてミニストップがあるが、店舗数は約3100店舗で、セブン-イレブンの約1万2100店、サークルKサンクスの約6100店を大きく下回っている。

     このままでは、セブン&アイがイオンをさらに突き放す可能性もある。

    ZAKZAK 2009/01/09


  • ほとんど知られていない、コンビニ「隠れ売れ筋商品」

     コンビニは、狭い店舗面積を最大限活用し「高生産性」「高収益性」を実現しています。このため、基本的に店内に置いてある商品は「売れている商品」のみです。店は毎日、商品の発注を行うたびに、売れる商品は売り場を広げ、売れない商品は売り場から撤去してます。  そう考えると、現在店内に残っている商品はどれも「売れている商品」ということになります。その中には、「本当にこれが売れるの?」というものもあります。今回はそういったコンビニならではの隠れたヒット商品を紹介しましょう。 ◆メモ帳 Yシャツの胸ポケットに入る大きさのメモ帳。主に、ビジネスパーソンの需要が強い商品です。このメモ帳は、ほとんどの店で売れます。特にビジネスパーソンが多く来客する立地でなくても不思議と売れます。  あまりそのことを意識していないのか、確実に売れる商品なのに、在庫切れにしている店もあります。これは店舗コンサルタントの立場から言わせると非常に残念です。 ◆ライオン「エルパックトラベルセット」 携帯用ハミガキ、ハブラシのセット。商品そのものの目的は「旅先」での需要を狙っていますが、そういった需要が関係なくても売れます。会社での昼食後・徹夜明けの歯磨き需要があるのか…。  この商品の不思議な点は、ライオン以外の類似商品(競合商品)がいくら出てきても売れるのはいつもこの商品だということ。なぜかは私にもよく分かっていません。 ◆マヨネーズ(小)50g 小さいサイズのマヨネーズです。これは、いかにもコンビニ需要っぽい商品ですね。弁当やサラダと同時購入する人が多い商品です。  マヨネーズには大きさ(容量)が多々ある中、やはり売れる(回転率が良い)商品はこの50gの小容量です。常にマヨネーズを携帯していたい「マヨラー」需要にもぴったりです。  私は前に、「この小容量マヨネーズはほかの商品とセット購入がほとんど」という仮説を立てて、いろいろな棚に陳列したことがあります。カップラーメンゴンドラ、サラダ売場、弁当売場に…。結果は、面白いほど、どの売り場においても売れていました。 ◆ポケモンの食玩 ポケモンのおもちゃが入った食玩は、子供たちにとても人気です。特に、ソフビ人形とラムネがセットになった商品が売れます。これは、子供需要としてコンビニに必要不可欠な商品となっています。類似商品としては、アンパンマンもありますがポケモンの方が人気は上です。  ポケモンの食玩は、シリーズがたくさん出ており、新シリーズが出るたびに人気を博します。中には全種類を買い込むツワモノもいます。  コンビニは基本的に全方位的な品揃えを意識する必要がある業態です。このため、どうしても商品回転率が低い子供向け商品は敬遠し勝ちになりますが、ポケモン食玩だけは別。ほぼ、売れ残りも出ません。  以上、隠れたヒット商品いかがでしたか。次回は、「団子」などの和菓子がどうしてレジ横に必ず置いてあるのかを考えたいと思います。


  • SEO 第6回 SEO検証ツール

    お役立ちSEO検証ツールいろいろ…

    前回(第5回目)までの講座で、一通りのSEOの基本を解説できたと思います。

    この先は、Yahoo、Googleなど各検索エンジンの動向を見極めたうえで
    随時対策をとっていくという流れになります。

    その為には、自分のサイトがSEO的にどのような評価要素をもっているのか、、、?
    そのことをハッキリと把握している必要があると思います。

    従って、今回のSEO講座では、キーワード解析、検索順位チェックをはじめとする
    無料で簡単、しかもリアルタイムにWEBサイトのSEO最適度を診断できる
    便利なツールをいくつか紹介いたします。

    是非、自分で運営しているサイトや、ライバルサイトをチェックしてみてください。

    SEO診察室 サーバチェック、検索順位チェック、外部リンクチェック、内部リンクチェック、タグ除去ツール、キーワード分析、上位ページ調査、データ生成、ソーシャルメディアチェックなど、総合的にSEOツールを提供! ★★★★★
    SEOクイックレポート インデックス数、被リンク数 、ページ内キーワード、Googleページランク、Yahoo! カテゴリ、ドメイン登録日、ソーシャルブックマーク、ロボット最終訪問日付の8つの項目を瞬時に診断してくれます! ★★★★★
    SEO解析チェックツール メタ情報、強調、キーワード出現頻度、内部リンク解析、外部リンクなど総合的に解析しています! ★★★★☆
    キーワード出現頻度解析 URLを入力するだけでページ内のキーワード出現頻度を簡単に計測することができます。 ★★★★☆
    aguse.net WEBサーバー情報(地図付き)、ドメイン情報、世界レベルのブラックリストまで調べてくれます。でも、ここまで調べられるとちょっと怖いですね。。。 ★★★★☆

  • 大手コンビニ8月中間決算、4社が増益…タスポ効果で

     コンビニエンスストア大手5社の2008年8月中間決算が14日、出そろった。たばこ自動販売機の成人識別カード「taspo(タスポ)」導入の影響でたばこを買いに来る客が急増し、弁当、飲料などの「ついで買い」も増加。既存店売上高は全社が前年同期比プラスで、本業のもうけを示す営業利益(単独)は4社が増益だった。

     営業利益はセブン-イレブン・ジャパンとローソン、ファミリーマートが過去最高を更新。店舗数が約2%減ったサークルKサンクスもタスポ効果で増収増益だった。ただ、ミニストップはシステム投資を行った影響で唯一減益だった。

     タスポ導入による売上高押し上げ効果はセブン-イレブンが3.6%、ローソンが約4%、ファミマが3.7%だった。

    ZAKZAK 2008/10/15


  • ポニョ、実は最初はカエルでした 映画監督 宮崎駿(67)

    -「崖(がけ)の上のポニョ」(以下「ポニョ」)のパステルで描かれたような背景はこれまでの宮崎アニメにはないものですね。
    宮崎 これは、美術を担当した吉田昇の持ち味。精密に描き込むのもいいけど、これはこれで、見ている方が緊張しなくてすむ。いい意味で、幼児性を全開できたと思います。

    ─構想の際、最初に浮かんだイメージは?
    宮崎 あやしい船がサーチライトをつけながら海を進んでいる。それを崖の上から少年が見ている。その光景が発端なんですが、結局映画には入れられなかったんです。まぁ、そういうことが多いですけど。

    ─金魚というキャラクターはどこから?
    宮崎 実は、最初はカエルでいこうかと思ったんです。でも、カエルのキャラクターは使われすぎてて、いくらデザインを変えてもピンと来ない。それで思い付いたのが金魚。ブリキのおもちゃなんかあったでしょ。

    ─津波に乗ってポニョが走ってくるシーンは迫力満点。怖いぐらい。
    宮崎 女の子が夢中になってやってくるときは怖いですよ(笑)。あの場面は、何かが爆発してる、弾けているんです。海の色も穏やかな青ではなく、力を出したくて黒くした。その上を真っ赤なポニョがうれしそうに走ってくることで、すべてが浄化される。そんなことを考えました。

    ─津波で街が水没する災害が起きたのに、人々に「悲惨さ」や「暗さ」がない。
    宮崎 「悲惨な被災者」という枠ではくくれない強さやしたたかさがあるでしょ、人間には。だから、映画でも、持ってる旗をみんな船に立てて櫓(ろ)をこいで力を出すシーンを入れたかった。

    ─その場面で、若い夫婦と赤ちゃんにポニョが出会い、関係を結びます。印象的でした。
    宮崎 映画の後、元は魚のポニョが、成長して人とコミュニケーションしていけるのか? 不安になるでしょ? 親子と出会うあの場面には、ポニョがやがて他人のことを理解して、この世界に受け入れられるであろうという「保証」を入れたつもりです。まぁ、監督がこんな種明かしをしちゃいけないんだけど(笑)

    ─それにしても、登場人物が魅力的!
    宮崎 宗介、おばあちゃん、リサ…、みんな「こういう風にあれたらいいね」という感じですね。でも、フジモトと耕一だけはそうはいきません。働くお父さんだから(笑)。周りにもいっぱいいますからね。地球の環境問題を論じながら、実際は一人の娘に手を焼いているみたいな。

    ─さて次作は?
    宮崎 明治の文豪が出てくる探偵モノなんてできないだろうか、と考えたりするけど、誰も乗ってくれない。面白そうでしょ? そんな案が自分の中でごろごろ転がっているけど、まだ何も決まってません。
     (文・岩田直仁、写真・大矢海寿帆)

     宮崎駿(みやざき・はやお)さんは1941年、東京都生まれ。テレビアニメを経て、79年に劇場用アニメ「ルパン三世 カリオストロの城」を制作。以後、「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などを発表し、世界的に高い評価を受ける。10作目となる長編アニメ「崖の上のポニョ」が全国で公開中。

    =2008/08/10付 西日本新聞朝刊=


  • 成功率93%メタボ解消の達人が伝授…秘策はキャベツ

     健康診断でメタボの烙印を押された者にとって「痩身」の二文字は永遠の憧れ。だが実際にはダイエット落伍者は非常に多い。そんな中、成功率実に93%のダイエット術を唱えるメタボ解消の“達人”を発見した!

     “達人”は京都市立病院にいた。同院の吉田俊秀・糖尿病代謝内科部長(京都府立医科大学臨床教授・京都市立看護短期大学教授併任)。現在まで肥満外来で7000人の肥満患者を治療してきた実績を持ち、『肥満専門医が教える成功率93%ダイエット』(マキノ出版)の著者でもある。

     そこでズバリ、痩せる極意を聞いた。吉田部長が挙げるダイエット成功のポイントは以下の3つ。

     (1)ダイエットの目的を決めること

     「なぜやせたいか」を明確にしないと、なかなかダイエットは継続できない。「この服を着たいから」「病気を治したいから」といった動機づけとともに、「3カ月で5キロ減」といった具体的な目標を持つのが重要。

     (2)いま抱えているストレスを取り除くこと

     じつはこれこそ、肥満の解消に最も重要と吉田部長は指摘する。肥満外来で心理テストを用いてストレスの有無や原因を調べ、医師と管理栄養士が連携して患者のストレスケアを行ったところ、ダイエット成功率(体重の5%以上の減量に成功)が93%に達した。

     「ストレスの原因は人それぞれだが、男性は仕事上のトラブル、女性の場合は嫁姑の関係や介護問題が多い。ハッキリと意識される大きなストレスよりも、日常的になって意識されない“隠れストレス”が肥満の原因になりやすい」(吉田部長)

     50代女性のEさんは、出かけようとするたびに姑から「どこへ行くの、何しに行くの」と質問されることがストレスになっていた。

     しだいに出かける気をなくし、自分の部屋に閉じこもり、テレビを見ながらケーキやまんじゅうを食べているうちに、体重が100キロを超えた。 吉田部長はEさんに「朝昼晩の食後に30分、散歩に出るようにしなさい。姑には、医師から歩くように指導されているとだけいえばよい。また、散歩の途中に河原で大声を出すようにしなさい」とアドバイス。Eさんは気晴らし食いをしなくなり、8カ月で36キロの減量に成功。

     (3)食事や運動によるカロリー(エネルギー)コントロール

     ストレス管理がうまくできれば、ダイエットはほぼ成功したも同然。次にやるべきことは、カロリーコントロール。

     簡単に実践できる食事療法として吉田部長が推奨するのが、夕食前にキャベツを食べるようにする「夜だけキャベツ」(別項)だ。

     生のキャベツをしっかりかんで食べることで脳の満腹中枢が刺激され、過食を防ぐ。しかもビタミンCの補給にもなる。 この半年間に体重が一定している人なら、これだけでも体重の5%くらいは簡単にやせられる。体重がふえてしまった人の場合は、食生活そのものを見直す必要がある。 「大事なのは、1日当たり70グラムのたんぱく質(肉80グラム+魚80グラム+牛乳200ミリリットル+卵1個+豆腐半丁程度)と野菜をしっかりとること。ごはんは基礎代謝が1500キロカロリー/日の人(とくにやせにくいと感じていない男性)で1日3杯まで」と吉田部長。

     【「夜だけキャベツ」のやりかた】

     (1)キャベツ6分の1個を5センチ角のザク切りにする。(2)夕食前に、火を通さず生のまま、よくかんで10分間かけて食べる。

     *何もつけずに食べるのが理想だが、物足りなければ塩、こしょう、醤油、レモン汁、ノンオイルのドレッシングなどをかけてもよい。マヨネーズや油の入ったドレッシングは不可。